留年の高校転入

留年の高校転入では、注意が必要となります。高校には全日制高校・通信制高校・定時制高校など制度の違う高校があります。それぞれの高校では単位認定の方法が違う為、留年が決まってしまうと高校転入できないケースがあります。

特に、全日制高校の場合は留年が決まってしまうと特殊な事情が無い限り、全日制高校へ転入する事はできなくなってしまう。そのため、現在、全日制高校在籍者は留年が決まった場合、休学処置を取るか、全日制以外の通信制・単位制高校へ転入するか、高校1年生の場合は再度他の高校受験をして、高校1年生からやり直す方法がある。

通信制高校は留年後も転入が可能なので、留年後の高校転入は通信制高校をおすすめします。

第1位 クラーク記念国際高校(通信制・共学) 留年対応★★★★★

クラーク記念国際高校は全国各地にサポート校があって、気軽に通えるように通学スタイルと自宅学習スタイルがあります。留年で行き場の無い子にとって受け入れ先として人気が高くお勧めです。卒業も期間を延長することが可能です。

⇒クラーク記念国際高校への転入体験談を見る

第2位 桜丘高校(通信制・共学) 留年対応★★★★★

桜丘高校は通信制の2つの学習スタイルがあり、特に自宅学習型ではスクーリング先である、世界遺産の屋久島で自由時間を過ごすことが有名。留年が決まった生徒にとっては全国各地にあるサポート校ですぐに高校通学が可能となります。

⇒桜丘高校への転入体験談を見る

第3位 青山高校(全日制・共学) 留年対応★★

青山高校は全日制高校の為、留年後の高校転入は基本的に受け入れていません。ただし、留年時期などと在籍校との協議によって転入が可能となる場合があります。詳しくは直接お問い合わせください。

⇒青山園高校への転入体験談を見る